MENU

合格体験記(現役生コース)

公募推薦入試
兵庫医科大学
医学部医学科

2018年合格H・Uさん

  • Medi-UPの良かったところ
    自分の分からないことを、先生に効率良く教えて頂けるところや、自主学習の面でもどの時期にどんなことをしておくべきか、的確なアドバイスを色々な先生方から頂けたことです。
  • 良かったと思ったイベント
    11月に兵庫医科大学の入試説明会に参加しました。推薦入試直前でしたが、自分で調べただけでは分からなかった有益な情報(小論文の配点など)を得ることができました。
  • 医学部進学を目指したきっかけ
    高校1年生の秋頃に、学校で神父様から「人は頼れる人が1人いるだけで生きていける。」というお話を聞き、私も誰かに頼ってもらえるような職業に就きたいと感じ、その中で一番医師という仕事が身近だったからです。
  • 志望大学を決定した時期・理由
    高校2年生の夏に、兵庫医科大学のオープンキャンパスに行った時、大学の雰囲気がアットホームで、また来年から新校舎になると聞き魅力的に感じたからです。
  • 苦労したこと・スランプは何か。それをどう乗り越えたか
    高校3年生の春頃の模試の結果が悪く、合格しないのではないかとかなり落ち込みました。母と講師の先生方にこれから頑張れば間に合うから大丈夫と励まされ、勉強に打ち込むことができました。
  • 苦労したこと・スランプは何か。それをどう乗り越えたか
    来年、自分がどうなっているのか分からないという不安感が常にストレスになっていました。辛い時は応援ソングを聞いて気持ちを落ち着かせていました。
  • 面接対策
    入試の1ヶ月前に質問リストを頂き自分の答えを考え、先生に2回ほど対策をして頂きました。
  • 小論文対策
    8月下旬頃から、1週間に1つ位のペースで過去問などに取り組みました。毎回先生が丁寧に添削して下さいました。
  • 後輩へのメッセージ
    思うようにいかず落ち込む事もあると思いますが、現役生は試験直前まで成績が伸び続けるので、最後まで諦めずに走り続けて下さい。